振袖

振袖の着こなす


新着情報

◎2017/11/30

振袖を格好良く着こなす着物術
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

失敗しやすいポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

成人式の振袖の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

振袖についての豆知識
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖と着物の違いは?
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

古典的な振袖の柄とは
の情報を更新しました。

「振袖 江戸」
に関連するツイート
Twitter

【告知】#GPS撮影会_3月2日 3/2(土)振袖個人撮影会@江戸東京たてもの園 ★出演モデル #森さくら @morisaku___16 #若林春花 @wakaba_haruka #翡翠ベル @cos_bel <<2月19日21時00分まで初回受付実施中>> ご用意枠数以上のお申込がある場合は抽選となります ameblo.jp/girls-photo-se… . pic.twitter.com/SAdG2uf6tC

RT @call_of_history: "急速かつ無制限に拡大しつつあった江戸の脆弱さを明暦の大火は露呈し、幕府は一から江戸の都市計画を考えなおす必要性に駆られた。そこで幕府が江戸再建にあたって目指したのが防災都市化であった。" 「明暦の大火(振袖火事)」と復興、江戸の都市…

RT @call_of_history: "急速かつ無制限に拡大しつつあった江戸の脆弱さを明暦の大火は露呈し、幕府は一から江戸の都市計画を考えなおす必要性に駆られた。そこで幕府が江戸再建にあたって目指したのが防災都市化であった。" 「明暦の大火(振袖火事)」と復興、江戸の都市…

袋帯、金糸銀糸できらきらしたものと、色柄に遊びのあるものがあります。金銀の格調高そうなのはフォーマル向けです。留袖・色留袖・振袖・訪問着・附下・色無地・江戸小紋なんかに合わせます。遊びのある色柄のものは小紋や紬なんかにも使います。袋帯と名古屋帯はお太鼓に結ぶのが一般的ですが、

Twitterユルク💮2/24東6ず56a@yuruku_n

返信 リツイート 2/17(日) 23:16

江戸まちたいとう芸楽祭の演目、「花振袖の舞」はAKBの原型みたいだったし、初めて見た「浪曲」は伴奏付きの落語のようで、途中いきなり歌い出す所はミュージカルのようで楽しかった。そんな中、お客の老人たちは真剣に時に笑いながら、マッハとナイツの漫才を聞いていた。

白装束は元来、内容に限らず大事な儀式の際に着る物だった。例えば結婚、出産、葬式だな。その後平安時代に「婚礼衣装=白」という概念が成立する。白無垢として花嫁が実際に白を纏うようになったのは室町時代からだ。他に色打掛や引振袖も花嫁衣装と扱われるが、こちらは江戸時代以降の衣装だぜ。

Twitter和装知識を解説する鶴丸国永@tsuru_kimono

返信 リツイート 2/17(日) 14:08

返信先:@yanmosu 他のイベントやお祭りで見られる花魁道中だと振袖新造はゆっくりした歩調で後に続くだけなんですが、日光江戸村の花魁道中はかなり太夫との一体感があります!

明暦の大火。ピンとこないって人も、振袖火事という別名を聞けばわかるかな。もっとも、振袖が原因でというのは一つの俗説。出火場所も、本妙寺ではなくある老中の家だったとする説もあるんだ。1657年に江戸を焼き払ったこの大火の復興だけれども、保科正之という大名がとても活躍しているよ。

振袖火事調べてたら江戸城の刀箱20箱のうち15箱が焼失、有象無象も含めたら何万口以上って書いてあってヒェ…ってなったよな そこから助かったのが三日月という…でもこの火事がなかったら虎徹は有名にならなかった……

【Vo.薄井による全曲解説より】 tr-7「大火の輪舞曲Ⅱ」 この曲は江戸時代のいわゆる「振袖火事」をモデルに歌詞が書かれています。 「火事と喧嘩は江戸の華」と言われますが、 深刻な災害にみまわれながらも興奮する江戸の人々と一緒に踊り狂ってみてはいいかがでしょう。


振袖についての豆知識

振袖

振袖の豆知識として覚えておいて損がないのが、長い袖の意味です。
この特徴的な長い袖は、人との縁や人の魂を呼び寄せる意味と、厄払いの意味を持っています。
ですから、良い縁に恵まれる事を願う未婚の間に多く着る着物となっています。
ただ、昔は18歳になれば袖を縫い上げ留袖にするという事が一般的でした。
ですが、現在は子供と未婚の女性の礼服となっており、成人式でも多くの人が着ています。
成人式で多く着られているのは、人生の門出に身を清めるという意味合いからです。
成人式の時点で既婚であれば、留袖を着るというのがマナーとされていますが、現在はその風潮が変わりつつあります。
礼装で出席をするというよりも、成人式には振袖を着るという風潮が強くなり、現在では既婚であっても留袖を選ばないという女性も珍しくありません。
ただこれは一生一度の成人式の話です。
結婚式等は礼装が大切で、結婚をしていれば、留袖を着ての出席となります。

振袖が始まったのは江戸時代から

振袖が始まったのは江戸時代の初期です。
特徴的な長い袖は、良い縁と魂を招く役割り、そして厄を寄せ付けないという意味が込められていました。
更に、袖の長い着物というのは、男性を振り向かせる為の着物で、着ている事で未婚か既婚かを簡単に見分けられるようになっていました。
現在では年齢に関わらず未婚女性の正装とされている振袖ですが、昔は18歳になれば袖を切り、留袖に変える風習があった為、18歳までの女性の正装とされていました。
現在も結婚をすれば留袖に変わる事になります。
結婚式等に出席をする場合、既婚女性の礼装は留袖となります。
ただ、成人式に限っては、20歳の門出を祝う行事という意味合いと同時に、女性が振袖を着る日というイメージが強くなってきています。
その為、既婚女性であっても留袖を選ばないという事も珍しくなくなってきています。
成人式に着るものというイメージが強くなってきている振袖は、江戸時代初期から続く女性の正装です。