振袖

振袖の着こなす


新着情報

◎2017/11/30

振袖を格好良く着こなす着物術
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

失敗しやすいポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

成人式の振袖の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

振袖についての豆知識
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖と着物の違いは?
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

古典的な振袖の柄とは
の情報を更新しました。

「振袖 伝統」
に関連するツイート
Twitter

RT @Joyful_Eli: インスタ動画に #土屋太鳳 ちゃんからコメント頂きました♪ 日本の伝統である着物をこよなく愛してくれている 太鳳ちゃんだからこその素敵なメッセージ😻 ありがとうございます😊 もっと沢山の振袖を着て頂きたいなぁと思います🌈 公式インスタグラム…

そういや、結婚相手はともかく、外国訪問の歳に、色とりどりの数種類の(成人式でよく見かけるような派手なのではなく)伝統振り袖を着こなしておられて、なるべく長く振り袖の着られる身分でいてほしいと密かに願ってしまいます。 #眞子さま

返信先:@someone9714他1人 日本の伝統衣装のつもり? メダルを上げるときの振り袖はどうなるの? 浴衣じゃ、失礼でしょうに。

返信先:@merci_namie25th ふ、振袖・・・日本の伝統・・・wwwww

返信先:@pontamaponko他2人 中には留袖装備の人もいる(´-`).。oO けど私のは大振袖! ドラゴンの方が名前カッコいいな、一層の事、龍🐉柄の振袖を装備していると思えば仕方ない 肝っ玉の舞とか誰か振り付けお願い🤲 伝統芸に加えるべし

成人式の時もやたら振袖警察が出てたけどなんでみんなそんな「花魁の着方下品、やめてほしい」とか言ってるのか謎で仕方なかったな。そもそも成人式に振袖着る文化って第二次世界大戦後からでめちゃくちゃ歴史短いのに伝統もくそもないよな

Twitterすなぎもチャン😄✨@kaibenchan

返信 リツイート1 8/19(月) 17:32

加賀友禅 振袖 谷崎善治 (第31回伝統加賀友禅工芸展出品作品) 伝統加賀友禅工芸展は毎年7月に石川県立美術館にて開催されています。 kagayuzen.or.jp #加賀友禅 #加賀友禅会館 #加賀友禅作家 #加賀染 #kagayuzen #kimono #kimOhNo #dyeing #金沢 #加賀友禅技術保存会 #石川県立美術館 pic.twitter.com/alMqcPk117

Twitterミス加賀友禅スタッフA@Kagayuzen

返信 リツイート 8/19(月) 9:19

花劇場オリジナルコンテンツ「花振袖の舞 -誕生-」 7/12(金)東京新聞さんの朝刊にも載りました! 伝統×現代が融合されたハッとする日本の踊りをご覧ください。 hanafurisodenomai.com #浅草花劇場

花劇場オリジナルコンテンツ「花振袖の舞 -誕生-」 7/12(金)東京新聞さんの朝刊にも載りました! 伝統×現代が融合されたハッとする日本の踊りをご覧ください。 hanafurisodenomai.com #浅草花劇場

新ひなだとひなちゃん真面目に西新に似合う服を選ぶと思う レディースブランドのユニセックスなデザインの服とか もしくは伝統衣装系で振袖とかリクエストする ちょっとエロに振るなら、旗袍をリクエストしたのに気をきかせた西新がギリギリスリットのチャイナドレス着て現れる


振袖に似合う男性のヘアスタイルは?

振袖に似合う男性のヘアスタイルは?

和服は日本の伝統的な衣装です。
成人式や結婚式など、おめでたい席にはきちんと身を包むことで、人間としての品格も上がります。
振袖は未婚の女性しか着ることはできませんが、エスコートする男性も、身だしなみを整えることが必要です。
とくにヘアスタイルは第一印象に強く働きかけますので、まずはここを工夫していきましょう。
まず、コスプレでもない限り、和服と長髪はマッチしません。
すっきりとした短い髪型こそが、清潔感を醸し出し、振袖と並んでも違和感がなくなります。
ただ短いからといって丸坊主にしてしまうと、僧侶を想起させるため避けたほうが無難です。
同様に強いパーマをかけてしまうと、強面な人ととられかねません。
髪の毛の色は、やはり黒が最適といえます。
あまり明るすぎるカラーに染めてしまうと、違和感を生じてしまいます。
もちろん地毛が多少赤みがかっていても、わざわざ染め直す配慮は不要です。
まずはヘアスタイルを整えて、振袖と並んだ際のミスマッチを防いでいきましょう。

カ振袖を格好良く着こなす着物術

振袖は、そでの長さによって3尺から、大、中、小とわけられますが最も華やかなのはもちろん大振袖です。
昔は、主に結婚式で花嫁が着用したようですが、現在は、成人式、結婚式やパーティーの参列者、着用することが多いようです。
現代女性の体格が良くなったので、3尺(およそ114センチ)の長さの袖の着物も着こなせる方が増えたのでしょう。
振袖選びには、その方に似合う色、柄が大切なのは言うまでもありません。
小物に、反対色を合わせて行くような、洋服とは少し違う着物独特の色合わせもありますから、着物に詳しい方のアドバイスも参考にして、似合う着物を選びたいものです。
そして、さらに、着物の時の立ち居振る舞いも重要です。
洋装のときと違って、腕も上げにくく、足の運びも悪いことを意識したいものです。
腕を上げるときは軽く反対の手を添える、歩くときにはあまり大股ならないように。
しかし、ちょこちょこ歩いては優雅さに欠けます。
着付けが済んだら、足元を良くさばき、ひとあしごとにスタッスタッと潔く歩きましょう。
お辞儀をする場合も、膝から折れないように、腰から上をシャキット伸ばして静かに会釈しましょう。
美しいお着物だけが印象に残ったとならないように、美しく着こなす事をお勧めします。