振袖

振袖の着こなす


新着情報

◎2017/11/30

振袖を格好良く着こなす着物術
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

失敗しやすいポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

成人式の振袖の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

振袖についての豆知識
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖と着物の違いは?
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

古典的な振袖の柄とは
の情報を更新しました。

「振袖 借りる」
に関連するツイート
Twitter

とりあえず…今年の旅行は8月迄になりました…😶😶 部屋借りるお金と…免許取るお金を集めます。 てことで、振袖も諦めよ。 明日キャンセルの電話しよ。

返信先:@ssorcc 借りるのは物理火力が足りないならマコトかクリスティーナ、魔法火力が足りないなら水着キャル、耐久が足りないのなら振袖ユイがオススメです。

成人式行きたくないよーな 行きたいよーな 振り袖借りるのに30万はきびいんだな

Twitter🍯ⓜⓞⓜⓞⓚⓐ🍯@aaa24momoka

返信 リツイート 4/16(火) 14:59

返信先:@RO_Hervor ですよね!!!ただ振袖を別日に借りるか(できるか微妙です)もしくは当日中にポトレの時間を作るかの2手しかないですなあ😭 いやほんとそれですwww スタッフさん曰く、ポーズの指示を飲み込みやすいのと、迷わず表情を作れるところ等などでバレるそうです😇

Twitter叶愛@21🌹併せ真紅@noa_cos17

返信 リツイート 4/15(月) 20:55

RT @simafan: 本場大島紬の振袖♪ 内地では普段着ですが、島では礼装でも可です★奄美大島関係の結婚式は大島紬を着ると大変喜ばれます。 成人式も半数は大島紬です。振袖で誂える者や、祖母 母から紬を借りる者それぞれでした(≧∀≦)✨ #大島紬 #泥大島 https://t…

Twitterこめたそʕ´(ᴥ)`ʔさん@kometasosan

返信 リツイート 4/15(月) 14:37

返信先:@dorapareclubseg EX考えると15人(一人はサポート借りるなら14)ぼちぼち育成するしかないすね 私もかなり時間かかったw 道中は振袖ユイいるだけでだいぶ難易度変わるのでもしなかったら復刻きたら欲しいところですじゃ

Twitter内田真礼@神崎蘭子@NANA@364nn364

返信 リツイート 4/14(日) 15:48

死んでるかもしれないしもし死んでたらお金もったいない!って思って振袖借りることも買うこともしないことにした。成人式でなくていいや

RT @sasawd0710: 振袖撮影の時の作った小物たち~~ タッセルピアスも、ボールブーケも、あと始末した(p`・ω・´q) あと小枝のヘッドアクセね👍 作ってないやつは、 白い扇子! 借りる椿の髪飾り! 小物作成、撮影までに余裕で間に合って良かったぁε- (´ー`…

義妹の振袖借りる話も浮上したけれど、娘の方が5㎝以上身長が高いから ほぼアウトらしいW(`0`)W とりあえず借りる振袖を決めたと母に報告。喜んでた…? 高齢なんでね…自分の事に必死! 選びながら写真を撮ったから、いざとなったらそれ見せます(・・?) 今はお銭湯での転倒が一番心配…

明日はお嬢の成人式の振袖決める 買うか借りるか 帯はお義母さまのが使えそう


成人式の振袖を撮影のみでレンタルする

成人式の振袖を撮影のみでレンタルする

振袖は、購入するとなればとても高価なものでもあるので、成人式の一日だけレンタルを利用しようかと考えている女性も多いものです。
しかし、着付けに必要な小物類も含めて一式レンタルをするとなれば、それなりの費用が必要にもなってしまいます。
より予算を抑えて振袖スタイルを楽しみたいのなら、写真スタジオを利用してみるといいでしょう。
写真スタジオのサービスは、ただ写真を撮ってくれるだけではありません。
今日では、写真を撮影するのに見劣りしないような衣装が用意されているサービスもあり、さらに衣装に合わせてヘアメイクも頼むことができます。
成人式の記念として残す写真を撮影してもらうとともに、その撮影料金には振袖の貸し出しや和装スタイルにも合うヘアメイクにしてもらうことができます。
ただし、衣装レンタルはその写真館の中で撮影をするためだけに貸し出されるものなので、成人式の式典に出たいという時には着ることができません。

振袖と着物、そもそもの違いは?

和服にはいくつかの種類がありますが、それらの違いはあまり知られていません。
まず、スーツでいうところの礼服に当たるのが「振袖」です。
そして、フォーマルからカジュアルまで使えるのが「着物」です。
ちなみに、普段着に当たるのが「浴衣」です。
浴衣は中に長襦袢を着ないので、上の二つとはやや異なります。
和服の歴史は古く、平安時代にはすでに原型があったとされています。
庶民が着ていた、「小袖」です。
その名のとおり袖が小さめで、丈はジャストサイズとなっています。
次の鎌倉時代になると、その上からさらに丈が長めの小袖を羽織る「打掛」が誕生しました。
江戸時代になると、華美な服装はNGとする雰囲気が強くなりましたが、後期には婚礼用の物が作られるなど、人々の熱が冷めることはありませんでした。
ちなみに、振袖は振れるほど長い袖があるためにその名が付いていますが、結婚後は着用NGとされています。
袖を振るのは、「未婚であることのアピール」という意味があるからです。