振袖

振袖の着こなす


新着情報

◎2017/11/30

振袖を格好良く着こなす着物術
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

失敗しやすいポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

成人式の振袖の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

振袖についての豆知識
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖と着物の違いは?
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

古典的な振袖の柄とは
の情報を更新しました。

「振袖 借りる」
に関連するツイート
Twitter

どうせ振袖借りるのに10〜30万かかるならその金でハイブランドスーツ買おう、一生モノだし。CHANELかPRADAで迷ってる

Twitter弥紗くらなんこつ@sawara_life

返信 リツイート 9:15

返信先:@baby_200319 私もレンタルオススメです🙋‍♀️ 買うより良いの着れますし、新作とかで とても今どきで可愛らしいですよ🌙 振袖借りる時安く済ませるなら逆に 前撮りと当日の着付け別のところで頼んだりとか 工夫すると安くなりますU´•ﻌ•`U

振袖レンタルの為に積立がてら親に毎月お金を渡していたんです。ところが何か知らんけど従姉妹から振袖借りることになったと話があって。彼女と10センチ以上の身長差があったので、お端折りギリギリ。サイズの合わない晴れ着を着る羽目に。不満しか残ってない。

Twittermay1234🌈MDまえばし無事終了♪感謝致します@rainbow1red2vio

返信 リツイート 昨日 13:18

返信先:@nmn015 きもの365ってとこめちゃくちゃ安く振袖借りられるからもし借りるならおすすめ🤟

Twitterあかね⸜❤︎⸝‍36w@pqq_a09

返信 リツイート 昨日 3:47

今まで浴衣、ウール、小紋、無地小紋、振袖と持っていて「友達の結婚式くらいなら無地小紋でOKだし、弟妹の結婚式があったら色留袖借りるか、ドレスでいっか」と思ってたけど、今回の夫人炎上で「やっぱり中古で良いから留袖か訪問着買おう」と思ったね。

ニュイ借りる都合で遅くなったけどジャバウォック倒せた。草野さんのことマジで嫌いだけど振袖は似合ってると思うよ🤓 pic.twitter.com/i9yRQNdxr2

返信先:@keiiiko424 やんな~ 振り袖借りるだけでも、ぶっとんでるのに、アルバムもすごいよな 本間に子供大きくするのにどんだけかかるにゃってかんじ 今は自立してくれてるけど、かといって私たちの生活が楽になるわけでなく、どうなってんの?みたいな

返信先:@Kanau_herosyn 私の友だちは秋頃に。 地域によって成人式が違うから、写真館や振袖買った(借りる)場所に聞くのもいいかもしれませんよ!

Twitter莉央←BP:K4,12。固定ミテホシイ@tokiya_konata_

返信 リツイート 10/21(月) 16:55

振袖借りるぐらいならiPadくれや親

この間作ったつまみ細工を母上に見えたら、せっかく高い振り袖借りるのにこんな七五三みたいな髪飾り....と言われて完全に心が折れました


成人式の振袖を撮影のみでレンタルする

成人式の振袖を撮影のみでレンタルする

振袖は、購入するとなればとても高価なものでもあるので、成人式の一日だけレンタルを利用しようかと考えている女性も多いものです。
しかし、着付けに必要な小物類も含めて一式レンタルをするとなれば、それなりの費用が必要にもなってしまいます。
より予算を抑えて振袖スタイルを楽しみたいのなら、写真スタジオを利用してみるといいでしょう。
写真スタジオのサービスは、ただ写真を撮ってくれるだけではありません。
今日では、写真を撮影するのに見劣りしないような衣装が用意されているサービスもあり、さらに衣装に合わせてヘアメイクも頼むことができます。
成人式の記念として残す写真を撮影してもらうとともに、その撮影料金には振袖の貸し出しや和装スタイルにも合うヘアメイクにしてもらうことができます。
ただし、衣装レンタルはその写真館の中で撮影をするためだけに貸し出されるものなので、成人式の式典に出たいという時には着ることができません。

振袖と着物、そもそもの違いは?

和服にはいくつかの種類がありますが、それらの違いはあまり知られていません。
まず、スーツでいうところの礼服に当たるのが「振袖」です。
そして、フォーマルからカジュアルまで使えるのが「着物」です。
ちなみに、普段着に当たるのが「浴衣」です。
浴衣は中に長襦袢を着ないので、上の二つとはやや異なります。
和服の歴史は古く、平安時代にはすでに原型があったとされています。
庶民が着ていた、「小袖」です。
その名のとおり袖が小さめで、丈はジャストサイズとなっています。
次の鎌倉時代になると、その上からさらに丈が長めの小袖を羽織る「打掛」が誕生しました。
江戸時代になると、華美な服装はNGとする雰囲気が強くなりましたが、後期には婚礼用の物が作られるなど、人々の熱が冷めることはありませんでした。
ちなみに、振袖は振れるほど長い袖があるためにその名が付いていますが、結婚後は着用NGとされています。
袖を振るのは、「未婚であることのアピール」という意味があるからです。