振袖

振袖の着こなす


新着情報

◎2017/11/30

振袖を格好良く着こなす着物術
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

失敗しやすいポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

成人式の振袖の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

振袖についての豆知識
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖と着物の違いは?
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

古典的な振袖の柄とは
の情報を更新しました。

「振袖 借りる」
に関連するツイート
Twitter

従姉妹の振袖借りたらいいやん!とか振袖借りるのにもお金かかるし従姉妹の買った振袖着たら?とか言われてたけど従姉妹の振袖が可愛くないとかじゃなくて自分で決めた振袖じゃなかったし借りるのだけは絶対に嫌やったし一生に一度の成人式でなんで自分で決められへんのかわからんかったし(笑)

福岡ルクルの中にあった『振り袖モード』店舗なくなってた😱😱😱 卒業式用の袴とか借りる予定の子らがいるのに💦💦💦 どうしよ😖💧 #振り袖mode

そーいえば昨日 成人式の振袖決めてきたーよ!! 振袖はパパの妹のやつ(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑) 帯とかは借りるよ! pic.twitter.com/nmgXCrewOF

Twitterリエラ@むむころはがち@Larmes_de_lune

返信 リツイート 昨日 19:25

返信先:@milk0382 振袖は妹のサイズで仕立てて袖ちょっと長いくらいだったから大丈夫かな?高価な物借りるの忍びないけど貸してくれると嬉しいありがとう…!写真待ってる!

Twitterいわっこ(ひとみん)@iwakko_nupi

返信 リツイート 昨日 0:30

振袖の袖を切るのがすごくもったいなくて、お宮参りとお食い初めの時に着る着物は叔母に借りる👘🙂振袖は娘ができたら…と思って取っておいたけどまだまだ出番はなさそう🤣

Twitter=なりくん待ってる=*みっちゃん*@nananarii

返信 リツイート1 2/17(日) 15:55

出費抑えるために振袖は親戚の人が持ってるやつ借りるし前撮りなんてしないんだけど、なんか…いや別に写真はiPhoneで撮れば満足だしいいんだけど、周りを見てるとなぁ…前撮りで着ましたとか…女の子してるいいなぁって…

うちお金ないから振袖は人の借りるんだなー、まあ3回も着るししゃーない 2年生やからその後に卒業式もあるから大変やw

返信先:@sakura_pudding 親戚の振袖借りる…とか?

成人式はお母さんの振袖借りる

Twitterうめ(੭*ˊ꒳​ˋ)੭♡🍟@ClariS__ume

返信 リツイート 2/15(金) 16:59

返信先:@musubime_me そうなんや!!それはありがたい!! あるんすよ……去年振袖レンタルしたから20になってから前撮りしようなって親が言ってたので… ギリギリやと着物なくなるよ〜て言われた 予約も取らんといかんしな 親から着物借りるとかやったらまた別やけども


成人式の振袖を撮影のみでレンタルする

成人式の振袖を撮影のみでレンタルする

振袖は、購入するとなればとても高価なものでもあるので、成人式の一日だけレンタルを利用しようかと考えている女性も多いものです。
しかし、着付けに必要な小物類も含めて一式レンタルをするとなれば、それなりの費用が必要にもなってしまいます。
より予算を抑えて振袖スタイルを楽しみたいのなら、写真スタジオを利用してみるといいでしょう。
写真スタジオのサービスは、ただ写真を撮ってくれるだけではありません。
今日では、写真を撮影するのに見劣りしないような衣装が用意されているサービスもあり、さらに衣装に合わせてヘアメイクも頼むことができます。
成人式の記念として残す写真を撮影してもらうとともに、その撮影料金には振袖の貸し出しや和装スタイルにも合うヘアメイクにしてもらうことができます。
ただし、衣装レンタルはその写真館の中で撮影をするためだけに貸し出されるものなので、成人式の式典に出たいという時には着ることができません。

振袖と着物、そもそもの違いは?

和服にはいくつかの種類がありますが、それらの違いはあまり知られていません。
まず、スーツでいうところの礼服に当たるのが「振袖」です。
そして、フォーマルからカジュアルまで使えるのが「着物」です。
ちなみに、普段着に当たるのが「浴衣」です。
浴衣は中に長襦袢を着ないので、上の二つとはやや異なります。
和服の歴史は古く、平安時代にはすでに原型があったとされています。
庶民が着ていた、「小袖」です。
その名のとおり袖が小さめで、丈はジャストサイズとなっています。
次の鎌倉時代になると、その上からさらに丈が長めの小袖を羽織る「打掛」が誕生しました。
江戸時代になると、華美な服装はNGとする雰囲気が強くなりましたが、後期には婚礼用の物が作られるなど、人々の熱が冷めることはありませんでした。
ちなみに、振袖は振れるほど長い袖があるためにその名が付いていますが、結婚後は着用NGとされています。
袖を振るのは、「未婚であることのアピール」という意味があるからです。