振袖

振袖の着こなす


新着情報

◎2017/11/30

振袖を格好良く着こなす着物術
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

失敗しやすいポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

成人式の振袖の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

振袖についての豆知識
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖と着物の違いは?
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

古典的な振袖の柄とは
の情報を更新しました。

「振袖 柄」
に関連するツイート
Twitter

実家を整理していたら、おばあちゃんの嫁入り衣装、五つ紋の黒い振り袖が出てきた。裏が深紅。は御所車。めちゃ可憐。19才のおばあちゃんに思いを馳せた‥。

返信先:@B70u62fwtg50FOy 一時に比べたらやらない人増えたのかな…どーなんだろ💦 着物のとかデザインとか変わったりしてそう🤔 振り袖選びとかたのしみだね〜✨✨✨

正絹振袖着物(仮絵羽:新品)AB反特価 ≪京友禅型染:古典(朱色)≫¥54,000(税込)⇒¥48,600(税込)wabitas.com/bizop/product.… #振袖 #着物 #セール pic.twitter.com/mpH2mIhSXK

Twitter京都wabitas(ワビタス)@wabitas102

返信 リツイート 9:00

正絹振袖着物(仮絵羽:新品)AB反特価 ≪京友禅型染:古典(濃緑)≫¥54,000(税込)⇒¥48,600(税込)wabitas.com/bizop/product.… #振袖 #着物 #セール pic.twitter.com/IGk0UKOqJP

Twitter京都wabitas(ワビタス)@wabitas102

返信 リツイート 9:00

おかんの振り袖、おかんの好みで黒地に紅色のもようで鶴なんだけどわたしの方向性じゃなさすぎて似合わぬ、、作るのも高いしな〜😞😞🤔

Twitter🤘アキヒコ🤘@63022a

返信 リツイート 8:58

お嬢の成人式は再来年だけど、私の振袖が着てみたいってことで、先日着せてみた (後ろずれてる(笑)) 白生地からを選んで染めたもの 反物足りなくて中振袖だけど気に入ったみたい 長襦袢の丈は直さないとね #振袖 #母振袖 instagram.com/p/B1cYLu9BJPE/…

成人式の振袖黒地に白と薄紫色の桜で帯は金地に着物と揃いの桜✿*髪飾りは白のリボンの真ん中に大きめの白い牡丹の飾りついてる

Twitterまどけ@バーサーカー@ma_do_ke1022

返信 リツイート 3:50

RT @pinya_ko15: 京都きもの友禅のCMの浜辺美波ちゃんが最高すぎる…。 明治から令和をイメージした振袖&ヘアメイクの移り変わりを表していて、とても素敵。 明治の手弱女振りに、大正の麗しいモダン感。昭和は眉を太くし聖子ちゃんみがあって、平成は反対に細眉&つけ…

なんか振袖試着したときに浴衣と帯と下駄を頂いたのだけど浴衣が傘なんだよお〜 今年の夏はもうもろもろ無理そうなので来年こそお祭り行きたいわね

Twitterわ子@わしじゃよ@kocoko714

返信 リツイート 1:02

返信先:@mapi_nk うわぁ✨めちゃくちゃ綺麗!ヘアアレンジも!素敵な振袖ですね お母様のお着物だなんて親孝行です!


古典的な振袖の柄とは

古典的な振袖の柄とは

振袖は、未婚女性の第一礼装にあたる格式の高い着物のことです。
柄や模様も様々です。
吉祥文様は古来よりお祝いの席に好まれる縁起の良い文様です。
宝尽くしは縁起がよく福を呼ぶと言われます。
龍は発展する成功すると言われます。
鶴亀は長寿の象徴。
松竹梅はめでたさの兆しを表します。
有職文様は、平安時代の公家や学者といった有識者の装束に用いられたところからこの名がつきました。
円や曲線、六角型など図形を中心に構成されています。
その他にも振袖の文様では亀甲や七宝などもあります。
花をモチーフにした古典柄の振袖も 毎年人気があります。
「辻が花」は絞り染めという手法をつかう希少な柄の振袖です。
「束ね熨斗」は吉祥模様の一つです。
鼓や古来より末広がりな形状が縁起が良いと言われる扇子などもあります。
デザインで選ぶのはもちろんですが文様に色々な意味を持っているのでそれらを意識して 選んで成人の日を迎えることも大切な大人の一歩です。

人気がある振袖の柄

振袖を選ぶときは自分の好きな色・似あう色で選ぶという人も多いでしょう。
ですが、色と同時に注目したいのが柄です。
最近では若い人向けに華やかな花をモチーフにした着物も多いですが、振袖で人気のある柄はそういった華やかさがあるものと縁起の良さが感じられるものです。
一見華やかに見える蝶の柄の着物も、絶えるという意味で敬遠するような人もいるものです。
振袖はお祝いの席や祝福の時に着るものでもありますから、そういった縁起が良い悪いにこだわる人というのも多いです。
また、人によっては着物の柄の花も大柄なものでないと見栄えがしないから嫌だということもあるものです。
小さい花よりは大きな花の柄のほうがダイナミックさもあり人目も惹くので、そういったところを注目したいような人には大きな花の着物は人気です。
また、ぼたんやユリといった豪華さのある花をあしらったものも人気があります。
また、レトロな毬などの柄もかわいらしく選ばれています。